パーティー常識あれこれ

電話する0357853515
PCサイトへ
PCサイトへ

パーティ常識のあれこれ

Ranking 第1回目 :
「結婚式のドレス・服装」の常識あれこれ

晴れやかな結婚式。その場にふさわしい上品な装いで、控えめな晴れやかさを忘れずにオシャレを楽しみましょう。ある程度のルールさえおさて、楽しい気持ちで心から新郎新婦を祝福しましょう。

選ぶ色の注意点

白色の衣装

結婚式(披露宴)で白色のドレスを着れるのは花嫁だけです。ほぼ全てのスタイルや様式の結婚式でのルールとして当てはまるのが、 「白いドレスや衣装を着てはいけない」ということです。白っぽく見えるような色のドレスは避けたほうが良いですし、 淡いベージュなどのドレスには全体的にぼんやりしないよう黒など濃い色の小物を合わせるなどして、メリハリが出るコーディネートになるよう工夫が必要です。

黒1色の衣装

縁起が悪く、喪服のイメージが強いため全身黒1色の衣装は避けたほうがよいでしょう。もし黒色のドレスを着るので あれば、ラメや光沢のある素材など華やかな雰囲気のものにしましょう。アクセサリー、コサージュ、ストール等で華やかさをプラスするのもよいでしょう。

選ぶデザインの注意点

新婦よりも目立つ派手な衣装

主役はあくまでも花嫁です。
自分が花嫁よりも目立つ事がないように注意しましょう。

肌の露出の多い衣装

結婚式にはご年配の方もいらっしゃいます。あまりの肌の露出を快く思わない方もいらっしゃるので、注意が必要です。 本格的な教会や神社での結婚式の場合、あまりに肌を出した服装はマナー違反となります。 特にノースリーブのドレスにはショールやボレロ等、上着を羽織って露出をコントロールしましょう。

時間帯による注意点

昼間の結婚式と夜の結婚式の衣装の違いに注意

昼間の結婚式の装いは肌の露出に気をつけましょう。ドレスにボレロやショールを羽織って露出を控えめにしましょう。 昼間の結婚式ではアクセサリーの光り物には注意 が必要です。パールやコサージュなど光らないものをつけましょう。 夜の結婚式は多少の肌の露出は良いとされています。華やかなドレス選びを心がけましょう。
夜の結婚式のアクセサリーはゴージャスでも構いませんが、あくまでも主役は新郎新婦だということを念頭において考えましょう。

平服とは

「平服で」とは略礼服でという事

結婚式の招待状に「平服で」とあった場合は、「普段着で」ということではなく「略礼装で良いですよ」と捉えます。 この場合、昼の結婚式であれば光らない素材のセミアフタヌーンドレスを基本に。夜の結婚式の場合はカクテルドレスが良いでしょう。 カクテルドレスは昼夜どちらにも使え便利ですが、夜の結婚式では少し華やかなカクテルドレスが良いでしょう。

ファーの小物について

爬虫類の皮の製品など 殺生をイメージさせるものは、タブーとされています。 ファー については賛否両論あります。 最近は必ずしもタブーだという事はないようですが、出席される結婚式、披露宴には気にされる方もいらっしゃるかと思いますので、細心の注意が必要です。


電話する0357853515
来店予約へ
PCサイトへ

ページトップへ