結婚式の受付を頼まれた方必見!当日の流れと服装について

結婚式の受付は、新郎新婦に代わってゲストをお迎えする大切な係です。そんな受付を依頼されるのは信頼されているという証ですし、名誉な役割なので嬉しいものですが、服装について悩まれる方もいらっしゃるでしょう。

こちらでは、結婚式の受付を頼まれた際の服装についてご紹介いたします。

ゲストをいちばん始めにお迎えするのが受付係

ゲストをいちばん始めにお迎えするのが受付係

ゲストを最初にお迎えする受付ですが、結婚式の受付の場合は、ただの受付ではなく両家の代表という役割があります。そのため、新郎新婦に代わってお迎えしているという気持ちを忘れてはいけません。

受付の主なお仕事

受付の主なお仕事

受付では、ゲストが来られた際にご祝儀を受け取ります。その際、芳名帳にお名前を記帳していただきます。芳名帳は、多くのゲストを招待する際に誰が出席してくれたのかを後々確認するために大切な役割があります。また、ゲストに席次表を渡し、会場の案内や開始時間の案内をするのも受付の仕事です。

その他にも、お預かりしたご祝儀を管理するという重要な役割があります。大金を確実に引き継ぐためには、どのように管理し、いつ新郎新婦の親族に渡すのかなど、流れを事前に打ち合わせておくことも大切です。

受付係に好ましい服装とは?

結婚式の受付係は、晴れの日にふさわしく、ゲストにさわやかで明るい印象を与える対応が望まれます。もちろん、対応だけでなく髪形や服装も好印象を与えるよう気を配らなくてはいけません。

ドレスを選ぶ際は、地味すぎる色や重いイメージの黒、派手すぎる色を避けましょう。ドレスのデザインも注意が必要です。肩や胸元が開いているデザインは、受付でお辞儀をする際に下着や肌が露出してしまう可能性があるため避けましょう。ストールやボレロを上から羽織る際は、お辞儀などの動作でずれてしまうことが多いため、頻繁に直さなくてはいけません。ジャケットなどの方がずれる心配もなく、動きやすいのでおすすめです。

受付係は顔周りの印象も大切です。アクセサリーは、品が良く華やかな印象を与えるパールなどを選びましょう。ヘアスタイルも、お辞儀の際に顔にかかったり手で直す必要がないヘアスタイルにしましょう。長い髪の方は、アップにしたりハーフアップにすると所作もきれいに見えます。メイクも、服装に合わせて「さわやかで明るい印象」を与えられるよう心がけましょう。

手元もいつも以上に注目されるので、ネイルも気を抜いてはいけません。派手な装飾は避け、シンプルで上品なネイルにしましょう。

初めて結婚式で受付係をするのは緊張しますが、服装や身だしなみに注意をし、笑顔で対応すれば難しいものではありません。これまでにゲストとしての参加しかなく服装にお悩みなら、レンタルのドレスを活用するのも一つの方法です。

東京にあるキャリアンブティックでは、ドレスや小物などのレンタルを行っています。ご親族として参列の方に人気のドレスなどシーン別で選べるので、初めての受付係で服装に不安がある方もぜひキャリアンブティックのレンタルをご活用ください。

お得にレンタルして色んなドレスを楽しもう!

会社名

株式会社Fest-i&Co JAPAN

代表者名

運営責任者 大谷 望

事務所所在地

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目6−11 calian 1F

TEL

03-5785-3515

FAX

03-5770-8222

E-MAIL

info@dress-rental.jp

Yahoo!メール(ドメインが@yahoo.co.jpのメールアドレス) をご利用のお客様からメールが届かないといったご連絡を数多く頂戴しております。
まずは、迷惑メールフォルダをご確認ください。また可能であれば、フリーメール以外のメールアドレスをご利用いただくことをお薦めいたします。

事業内容

衣料品及び服飾雑貨品の販売・レンタルならびに輸出入

販売方法

ご来店およびインターネット

ホームページ https://www.dress-rental.jp/